彼氏が欲しいのにできない人がすべきこと3つ

彼氏が欲しいのにできない

彼氏が欲しいという人に出会いがないという人がいます。

友達に愚痴っていても自分の世界は広がりません。

とにかくできることから始めてみましょう。

合コンや紹介は友達の伝手がないと難しいかもしれませんが、婚活パーティーやネット婚活なら今からでもできます。

ネット婚活

参考記事:『婚活』効果的な婚活の頑張りかた【リアル婚活】

彼氏が欲しいという人ほど何もしていない人も多いです。

周囲の人たちは何も努力しないで彼氏を手に入れているのでしょうか。

そうではなく、それぞれが努力している結果です。

世の中すべての人が何もしなくても彼氏ができるタイプの人ではありません。

出会いのチャンスはいくらでもありますが、付き合いたいと思える人がいないだけなのです。

できるだけ足を運んでチャンスを増やしましょう。

一人で行動も最初は緊張しますが、だんだん慣れてきます。

自分の理想を考慮する

理想

恋愛は自分が思うだけではうまくいくことが少ないです。

長い間片思いしてカップルになることもたまにはありますが、それが成就する確率はあまり高くありません。

ではどうしたらよいか考えたとき相手が思ってくれるタイプを選ぶと、付き合いやすい傾向にあります。

男性は自分が追いかけている状態が楽しいといえます。

ですから最初から思われすぎてしまうと飽きがくることが多いです。

自分が好きなタイプを選ぶより、自分のことを好きな人から選ぶということに視点を変えていくと、自分に有利に恋愛を進めていくことができます。

そのためには、自分の理想を考慮する必要があります。

自分が思っても報われない恋愛を繰り返すと自分の理想を考えるきっかけにもなります。

簡単に切らない

簡単に切らない

苦労して出会いの場を作ったり出かけたり、連絡先を交換するのに、タイプでないとすぐに関係を切ってしまう人がいます。

異性の友達は限りない可能性を秘めています。

男友達、新たなる紹介、いずれ彼氏になる可能性もないわけではありません。

異性の友達を作るというのは、実は恋愛に進まないという難しい境界線をつくりながらテクニックも必要です。

しかしながら恋愛の相談、日々の愚痴など女友達とは違った視点でアドバイスをもらうことができる大切な存在です。

きっと新しい人間関係は自分自身に良い影響も与えてくれます。

恋愛の対象にならないからすぐに切ってしまうのはやめて、たまに連絡をしたり連絡を返したりなどして、きっかけができそうなら交流をもっておきましょう。

きっと自分にとって損な存在になることはありません。

面倒であれば女友達とは違うのですから、そのあとに切ることを視野に入れていきましょう。

おすすめサイト:ラブボーダー

メルパラでは大胆すぎる女に騙されないこと

近年の男女関係は、出会い系サイトや出会い系アプリなどを利用するのがスタンダードです。

諸外国では、この手のサイトやアプリが5人に1人の恋愛関係のきっかけになっているという状況なのですが、日本の場合には、ただやりたいだけの男女の集まりという負のイメージが強すぎます。

それもそのはずで、日本には会うつもりもないのに登録している人間や、犯罪目的で利用している人間も多いのです。

ここでは気をつけるべき異性の特徴を紹介しましょう。

谷間などを協調している女性

いかにもセックスが大好きです。

同じようにヤリ目上等ですといったような谷間を協調している挑発的な写メを掲載していたり、写真はなくても文章がえげつないくらいにエロ全開の女性は、サラサラ会う気がないケースが多いです。

特にスペックが30代や40代などの人妻などのケースでは、旦那や周囲の異性に女扱いされていないことを不満に思っているものの、実際に不倫などをする勇気はなく、責めて出会い系サイトや出会いアプリ上だけでもチヤホヤされたいというパターンが多いのです。

見切りをする勇気が大事

エロボディを想像できる豊満なくっきり谷間の写メが掲載されていたり、どエロな書き込みがあった場合、警戒心を持つと同時に感じるのは、「本当だったらどうしよう?」という思いではないでしょうか。

しかし、この思いこそが、サクラや悪徳業者の狙いだったり、単純にネット上だけのかまってちゃんの狙いですから、見切りをつけることが何よりも大事なのです。

当サイトが使っているサイトはメルパラです。サイトオープンから15周年を迎えた老舗出会い系サイトで『 出会える恋愛コミュニティ』を理念に運営されています。